横浜のデータセンター|アイネットのクラウドデータセンターは、横浜市内に建設された、国内最高クラスの安全性と最新のテクノロジーを備えた次世代型データセンターです。

アイネットクラウドデータセンター

ホーム

ニュースリリース

ニュースリリースをご覧いただけます

ニュースリリース

2016/11/14プレスリリース

アイネット、セキュアIoTプラットフォームに賛同し協業パートナーへ

この記事をシェアする:

 

報道関係者各位

2016年11月14日
株式会社アイネット

アイネット、セキュアIoTプラットフォームに賛同し協業パートナーへ

 株式会社アイネット(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:梶本繁昌、以下アイネット)は、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下サイバートラスト)が提供する高度なセキュリティ対策が施されたIoT環境を実現する電子認証サービス「セキュアIoTプラットフォーム」及びコンサルティングサービスに賛同し、協業パートナーとなりましたことを発表いたします。

 アイネットは、新たなるデジタルトランスフォーメーションを見据え「ドローン(小型無人航空機)」を活用した先進IoT事業を推進するにあたり、セキュアIoTプラットフォームによるデバイス認証技術と、アイネットの企業向けクラウドサービス「Dream Cloud®」およびデータセンターインフラでの技術力や運用力の強みを融合させることで、高いセキュリティと信頼性を確保しIoTデータの蓄積・再利用を実現する環境を提供してまいります。

 セキュアIoTプラットフォームは、電子署名法と Web Trust に準拠した国内のデーターセンターによる公開鍵基盤 (PKI) により「いつ」「どこで」「何が」「誰が」といった多角的な認証による真正性や、暗号化による機密性の確保、電子署名による改竄防止・完全性を一括したシステム基盤です。また、デバイスのライフサイクルに応じた、電子証明書の発行 → デバイスへの組み込み → 認証情報(いつ、どこで、なにが)の管理 → 電子証明書の失効 → デバイスの廃棄までを確実に管理するためのノウハウをコンサルティングサービスとして提供し、低コストで最高レベルの情報セキュリティ要件を満たす IoT サービスを短期間に構築できるようお客様を支援します。セキュア IoT プラットフォームを利用することで、非認証の端末・センサーなどからの情報を排除でき、 確実に認証された対象からのデータであることが保証されます。これにより、医療・交通・保険などのサービスで必要なインフラとしてビッグデータを活用いただけるようになります。

■ 商標について
 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

■ セキュアIoTプラットフォームについて
 詳細は以下のサイバートラストの公開情報をご覧ください。
https://www.cybertrust.ne.jp/secure-iot-platform

■ プレスリリースに関するお問い合わせ先
 株式会社アイネット
 企画部 営業企画課 神野(かんの)、山口
 TEL: 045-682-0788  mail:infomc@inet.co.jp

お問い合わせ 資料ダウンロード