横浜のデータセンター|アイネットのクラウドデータセンターは、横浜市内に建設された、国内最高クラスの安全性と最新のテクノロジーを備えた次世代型データセンターです。

アイネットクラウドデータセンター

ホーム

ニュースリリース

ニュースリリースをご覧いただけます

ニュースリリース

2017/04/21プレスリリース

株式会社ユニリタとの資本業務提携に関するお知らせ

この記事をシェアする:

 

報道関係者各位

会社名:株式会社アイネット
代表者名:代表取締役社長 梶本 繁昌
問合せ先:取締役本社統括 内田 直克
電話:(045)682-0805

株式会社ユニリタとの資本業務提携に関するお知らせ

 株式会社アイネット(9600:東証一部、以下 アイネット)は、平成29年4月21日開催の取締役会において、株式会社ユニリタ(東証ジャスダック:3800、以下 ユニリタ)との資本業務提携を行うことを決議いたしましたので下記の通りお知らせいたします。

1.資本業務提携の目的
現在、当社とユニリタは、当社が提供する企業向けクラウドサービス上で、ユニリタが開発するシステム運用自動化やデータ連携のためのミドルウェア製品群を提供するための協業ならびに技術提携を行っています。
今般の資本業務提携のねらいは、急拡大する企業向けクラウド市場、特にお客様ビジネスのデジタル変革ニーズに対し迅速かつ戦略的な対応を図るために、両社の強みを相互に活用することにあります。本提携による両社の緊密な連携体制とエコシステムの構築を通じ、お客様のデジタル変革を支援するためのクラウド型データセンターを活用した事業展開力強化を図ってまいります。

2.資本業務提携の内容
(1)資本提携の内容
当社は、ユニリタの普通株式の一部(議決権比率の1.2%に相当する10万株)を立会外取引にて取得し、ユニリタは、当社普通株式の一部(議決権比率の0.6%に相当する10万株)を同様の方法で取得する予定です。両社株式の取得時期は、平成29年5月中旬の予定です。

(2)業務提携の内容
当社およびユニリタは本提携により、次のような施策を推進します。
①両社のクラウド事業ならびにクラウド技術の連携および事業開拓
②IoT基盤、データ活用技術の共同開発ならびに研究

3.今後の見通し
この資本業務提携は、平成30年3月期業績に与える影響は軽微ですが、中長期的に両社業績の向上に資するものと考えております。

4.資本業務提携の相手先の概要

名 称 株式会社ユニリタ
所在地 東京都港区港南2-15-1
代表者 代表取締役 社長執行役員 北野 裕行
事業内容 データ活用ソリューションの提供、
ITシステム運用管理パッケージソフトウェアの開発・販売・サポート
資本金 13億円3,000万円
設立年月 昭和57年(1982年)5月
連結売上高 71億98百万円(平成28年3月期)
従業員数 379名(連結)

以  上

お問い合わせ 資料ダウンロード