横浜のデータセンター|アイネットのクラウドデータセンターは、横浜市内に建設された、国内最高クラスの安全性と最新のテクノロジーを備えた次世代型データセンターです。

アイネットクラウドデータセンター

ホーム

ニュースリリース

ニュースリリースをご覧いただけます

ニュースリリース

2017/05/29プレスリリース

アイネット、関電システムソリューションズと協業し関西地区での 「Next Generation EASY Cloud®」サービスを7月1日から提供開始

この記事をシェアする:

 

報道関係者各位

2017年5月29日
株式会社アイネット
関電システムソリューションズ株式会社

アイネット、関電システムソリューションズと協業し関西地区での
「Next Generation EASY Cloud®」サービスを7月1日から提供開始

 株式会社アイネット(東証一部:9600、以下 アイネット)は、関電システムソリューションズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山元 康裕、以下 KS-SOL)と協業し、企業向けマネージドクラウド(※1)「Dream Cloud®」(※2)の中核サービスである「Next Generation EASY Cloud®(以下 NGEC)」について、関西地区でのサービスを開始いたします。

 NGECは、2015年11月よりサービス提供を開始しているヴイエムウェア株式会社様のSDDC(Software-Defined Data Center)アーキテクチャを全面採用した企業向けクラウドサービスです。すでにサービスを提供している各拠点(神奈川県横浜市「inet primary®」、北海道「inet north®」、長野県「inet east®」)に加え、このたび新たに関西地区からサービス提供を開始することで、エンタープライズ領域(※3) のお客様を中心とした本格的なBCP/DR(※4)サービスが提供可能となります。

 今回の関西地区でのNGEC提供に際し、アイネットはKS-SOLと協業し以下の取り組みを進めて参ります。
 1. KS-SOLデータセンターをアイネットのヴァーチャルデータセンターとして活用し、NGECの提供にとどまらず
  コロケーションまで含めた関西の拠点「inet west®」としてサービスを提供する。
 2. inet westからサービス提供されるNGECをKS-SOLが再販する。
  また、アイネットは、KS-SOLへの営業協力を通して関西地区および
  関西以西地区におけるKS-SOLクラウドサービス事業の拡大に協力する。
 3. 両社にて、クラウドサービス/データセンターサービスにおける相互運用協力について共同で検討する。

 また、今後は以下の内容についても検討していく予定です。
 ・ 次世代クラウドサービス基盤に関する共同での評価・検討を行う。
 ・ Dream Cloudの各種サービスをKS-SOLにて再販する。

 エンタープライズ領域のお客様が、inet primary、inet westを利用した東阪間での本格的なBCP/DRサービスを利用される際には、盤石なクラウドサービス基盤の提供はもとより、その上位レイヤ(※5)での高度な運用サービスの提供が重要と考えています。
 アイネットは創業当時より石油元売り/ガソリンスタンドを中心としたエネルギー業界、また、KS-SOLは過去半世紀にわたる関西電力グループを中心とした電力業界といった「24時間365日の稼働が必須の社会インフラ業界」に対しITサービスを提供してまいりました。
 両社のこの領域における豊富な経験と実績により、inet west 、NGECをご利用されるお客様に高い付加価値を提供してまいります。

■ 株式会社アイネット「Next Generation EASY Cloud®(NGEC)」について
 「Next Generation EASY Cloud®」は、アイネットが提供する企業向けクラウドサービス「Dream Cloud®」の中核となるプラットフォームです。ヴイエムウェア株式会社様のSDDC(Software-Defined Data Center)アーキテクチャを採用し、パブリッククラウドや企業内クラウド(オンプレミス)などの複数クラウドやマルチデータセンターに対応する技術により、高い可用性を実現します。また、ミッションクリティカルなシステムにも対応可能で、システム移行や運用管理コスト削減の大幅な向上、データセンター間でのITリソースのモビリティ機能の向上等を可能にします。
 ※詳細は以下の情報をご覧ください。
http://www.inet-datacenter.jp/service/cloud/next_generation_easy_cloud.html

■ 株式会社アイネットについてhttps://www.inet.co.jp/
 アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開する独立系ITサービスプロバイダーです。煩雑なガソリンスタンドの事務処理の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971 年に設立されました。以来その取り扱いを拡大、現在では全国のガソリンスタンドの内およそ4分の1がアイネットのデータセンターに接続、情報処理サービスを利用しており(業界トップシェア)、またデータセンターを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、E ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっております。その中でデータセンター運用のノウハウを蓄積、お客様からも大きな信頼を寄せられてきました。現在は、国内最高レベルのデータセンターをベースに、クラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、自社のクラウド基盤上に業種業態を問わず利用可能なアプリケーションレイヤーのメニュー拡充を加速させています。

■ 関電システムソリューションズ株式会社についてhttp://ks-sol.jp/
 関西電力グループの総合情報サービス企業として、半世紀にわたる経験やノウハウを活かした最先端のITソリューションを提供。コンサルティングからシステム開発、インフラ構築、データセンター、運用保守まで「フルサポート」で支援できる体制を整え、経営の効率化や業務改革の実現など、お客さまが抱える経営課題を根本から解決するお手伝いをしています。

■ 関電システムソリューションズ株式会社のデータセンターについて
 大阪都心に立地した都市型データセンター。関西電力の運用ノウハウを注ぎ込んだ盤石な電源設備、万全なセキュリティ対策など信頼・安全なファシリティ、総勢100名を超す運用スタッフによる高度で充実したシステム運用をご提供します。


(※1)アイネットが提供する企業向けマネージドクラウドサービスは、パブリッククラウドと同等のクラウドサービスを、高い企業レベルのセキュリティと優れた運用力で安心安全に提供するサービスです。

(※2)「Dream Cloud」は、アイネットが提供するクラウドサービス総称です。サーバ仮想化をベースとしたクラウドを大きく進化させ、ビッグデータに対応できるパフォーマンスの高いクラウドサービスです。ハードウェアやOSにも依存せずスケーラブルな対応が可能となるクラウドサービス基盤とクラウド共通アプリケーションを軸としたポートフォリオを展開しています。

(※3)「エンタープライズ領域」・・中小・個人事業主(スモールビジネス領域)、一般消費者(コンシューマ領域)に対する大企業・中堅企業等を指します。

(※4)「BCP/DR」 ・・「Business Continuity Plan(事業継続計画)」「Disaster Recovery(災害復旧)の略

(※5)「上位レイヤ」・・ミドル、アプリケーション等のレイヤを指します。

■ 商標について
 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

■ 製品・サービスに関するお問い合わせ先
株式会社アイネット
データセンター本部 クラウドサービス事業部 プロダクトマーケティング部 高橋
TEL: 045-682-0845  E-Mail:dream.cloud@inet.co.jp

関電システムソリューションズ株式会社
ITサービス統括部 ITサービス営業グループ 担当 : 福嶋
TEL:06-7176-7710  E-Mail:its-sales@ks-sol.jp

■ 報道機関からのお問い合わせ先
株式会社アイネット
企画・IR部 マーケティング課 神野(かんの)
TEL: 045-682-0788  E-Mail:infomc@inet.co.jp

お問い合わせ 資料ダウンロード