横浜のデータセンター|アイネットのクラウドデータセンターは、横浜市内に建設された、国内最高クラスの安全性と最新のテクノロジーを備えた次世代型データセンターです。

アイネットクラウドデータセンター

ホーム

ニュースリリース

ニュースリリースをご覧いただけます

ニュースリリース

2017/08/10プレスリリース

アイネット、Dアカデミー、トライポッドワークス、ドローン・ジャパン、 ドローンビジネスの本格的な実現を目的としたアライアンス「DBRIJ」を設立

この記事をシェアする:

 

報道関係者各位

2017年8月10日
株式会社アイネット
Dアカデミー株式会社
トライポッドワークス株式会社
ドローン・ジャパン株式会社

アイネット、Dアカデミー、トライポッドワークス、ドローン・ジャパン、
ドローンビジネスの本格的な実現を目的としたアライアンス「DBRIJ」を設立

 株式会社アイネット(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:梶本繁昌、以下アイネット)、Dアカデミー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 依田 健一、以下 Dアカデミー)、トライポッドワークス株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長 佐々木 賢一、以下 トライポッドワークス)、ドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 勝俣 喜一朗、以下 ドローン・ジャパン)は、各社の強みを生かしドローンビジネスの実用化を加速することを目的としたアライアンス「Drone Business Realizing Initiative Japan(DBRIJ)」を設立致しました。

■ 設立趣旨
 先進的なIoTデバイスであるドローンによる様々な実証実験が行われています。市場では実証実験段階から実用化段階へのシフトに期待が高まっています。当アライアンスでは、各社の強みである技術やソリューション及びドローンによる知見を最大限に活用し相乗効果を追求したオープンイノベーションで、早期に新たな市場創出・ビジネスアイデア創出を行いドローンビジネスの実用化を加速させることを目指します。

■ 活動方針

 1. 包括したソリューション提供
   各社が保有する技術・ソリューション及びドローンよる知見を集約し、ドローンビジネスをサービス
   メニュー化し、包括したソリューションの提供を行います。
 2. ドローン飛行場の提供
   ドローン飛行場(Dream Drone Flying Field:DDFF)をベースに、実証実験にてナレッジ化される
   情報の発信及び提言を行なうことで、より安全なドローンビジネスの実現を目指します。
   ・農作物、土木工事、地形測量、設備点検、自動運行、非GPS飛行、避難救助などの分野への
   ドローンビジネス展開
   ・強風や妨害電波による混信などのイレギュラーな状況における情報蓄積・活用
   ・ドローン操縦や自動航行時などの事故を防止する方法や情報の蓄積・活用
   ・技適マーク適用前の海外製ドローンのテスト飛行情報
 3. インキュベーションセンターの設立
   ドローンビジネスにおけるインキュベーションセンターとして、ドローンビジネスの事業化を推進する
   企業に対し、環境の提供や支援を行います。
   ・ドローンビジネスのコンサルティング
   ・ドローン操縦の専門トレーニング
   ・ドローン操縦士の派遣
   ・ドローン飛行場(DDFF)の提供
   ・ドローンデータ蓄積基盤(GPUクラウド)の提供

■ 設立年月日
 2017年8月8日に設立致しました。

■ 活動開始時期日
 2017年8月28日より活動を開始致します。

■ 君津市様エンドースメント
 この度、株式会社アイネット様によりますドローン飛行場DDFF(Dream Drone Flying Field)が君津市内に開設されましたことは、大変喜ばしい限りでございます。
 産業創出など新たな可能性を秘めるドローン技術については、農業分野や災害対策などにおいて、全国的に活用の動きが広がっているところであります。
 君津市においても、この度の飛行場の開設を契機として、農業分野をはじめとした様々な分野でドローン技術の活用が進むことで、本市の活力あるまちづくりの推進に資するものと期待します。

君津市副市長 石井 清孝

■ Dアカデミーについて http://d-academy.co.jp/
 Dアカデミー(D-ACADEMY)はドローンの学校で、一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールです。 ドローン技能の習得を目指す受講生に対し安全に運航をして業務を遂行する事を目的に企業が求める人材の育成を目指します。また、DRONE ACADEMY ALLIANCEとして、JUIDA認定スクール提携グループを全国14校で展開し、国土交通省が推奨するi-constructionや空撮に関する専門性の高いカリキュラムを展開しています。

■ トライポッドワークスについて https://drone.tripodworks.co.jp/
 トライポッドワークスは、オンラインストレージ、電子メールやネットワークセキュリティなどのプロダクト開発/販売を行う「情報セキュリティ事業」、土木/農業/介護などの分野で視覚情報を活用するための映像解析サービスを提供する「映像情報を基軸としたIoTサービス事業」を2本の柱として事業を展開しています。 ドローン技術についてはIoT事業のコアテクノロジーと位置付け、既存の映像解析技術のドローンへの応用、自動飛行などを研究開発しているほか、ドローンを含む各種カメラを利用した映像制作なども行っています。

■ ドローン・ジャパンについて http://www.drone-j.com/
 ドローンオープンソフトウェア開発者養成及び支援事業、ドローン新規事業産業者向けドローンコンサルティング事業、ドローンを活用した精密農業に関する企画・開発・海外事業、ドローン関連国内事業者の海外展開支援事業、およびドローン関連海外事業者の国内事業支援事業を展開しています。また、Drone × 農で日本の土づくりを世界へをモットーに精密農業で「ドローン米」プロジェクトを推進しています。

■ アイネットについて https://www.inet.co.jp/
 アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開する独立系ITサービスプロバイダーです。煩雑なガソリンスタンドの売上事務の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971年に設立されました。以来その取り扱いを拡大、現在では全国のガソリンスタンドの内およそ4分の1がアイネットのデータセンターに接続、情報処理サービスを利用しており(業界トップシェア)、またデータセンターを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、E ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっております。その中でデータセンター運用のノウハウを蓄積、お客様からも大きな信頼を寄せられてきました。現在は、国内最高レベルのデータセンターをベースに、クラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、自社のクラウド基盤上に業種業態を問わず利用可能なアプリケーションレイヤーのメニュー拡充を加速させています。

■ アイネット ドローン飛行場(DDFF)について
 ドローン飛行場(DDFF)は、アイネットがドローン事業を検討する企業様へ提供する実証実験場(PoC環境)です。千葉県君津市のドローン飛行禁止区域外にあり、約140,000㎡の飛行エリアで、ドローン事業の実用化に向けてドローンの実証実験を行っていただける環境となっています。
※詳細は以下の情報をご覧ください。
http://www.inet-datacenter.jp/news/2017/05/inet-dream-drone.html

■ アイネット ドローンデータ蓄積基盤(GPUクラウド)について
 ドローンデータ蓄積基盤(GPUクラウド)は、アイネットが提供するクラウド基盤「Next Generation EASY Cloud®」に画像処理装置(GPU)を搭載し、ドローンで撮影した映像や画像の編集や処理に適した環境となっています。アイネットの仮想デスクトップ「VIDAAS®」から、映像編集ツールや3Dデータ作成ツールをご利用いただけます。
 ※「Next Generation EASY Cloud®」の詳細は、以下の情報をご覧ください。
http://www.inet-datacenter.jp/service/cloud/next_generation_easy_cloud.html
 ※「VIDAAS®」の詳細は、以下の情報をご覧ください。
http://www.inet-datacenter.jp/service/cloud/vidaas/vidaas.html

■ 商標について
 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

■ お問い合わせ先
【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社アイネット
データセンター本部 クラウドサービス事業部 クラウドシステム部 小澤
TEL: 045-682-0845  E-Mail:dream.cloud@inet.co.jp

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社アイネット
企画・IR部  松本、神野(かんの)
TEL: 045-682-0788  E-Mail:infomc@inet.co.jp

お問い合わせ 資料ダウンロード