横浜のデータセンター|アイネットのクラウドデータセンターは、横浜市内に建設された、国内最高クラスの安全性と最新のテクノロジーを備えた次世代型データセンターです。

アイネットクラウドデータセンター

ホーム

サービス

堅牢な設備環境と豊富なサービスメニューを合わせて、お客様に最適なサービスをご提供します

このページをシェアする:

VIDAAS®
(Private Cloud Desktop as a Service)

シンクライアント手法の一つである仮想デスクトップサービスです。

サービス概要

  • VIDAAS®は、端末さえあればいつでもどこからでもスムーズに自分のデスクトップ環境を利用することが可能なサービスで、これを企業向けプライベートクラウドサービスとして提供しています。
  • PCやスマートフォン、タブレット端末など、あらゆる端末からご利用いただけます。
VIDAASのサービス概要

サービス概念図

VIDAASのサービス概念図

特長

大企業向けに最適化したサービス
アイネットのクラウドプラットフォーム「EASY Cloud®」上で展開、高い安定性と可用性を実現
低帯域でも高いパフォーマンスを実現
2要素認証による強固なセキュリティ対策

サービスの種類

VIDAAS®専用デスクトップサービス
仮想サーバ上にあるデスクトップ環境を1ユーザが占有し利用するサービスです。ユーザ自身がアプリケーションをインストールしたり、セキュリティのアップデートなどを行います。ユーザ独自のカスタマイズされたデスクトップ環境を利用したい場合に有効です。
VIDAAS®共有デスクトップサービス
仮想サーバ上にあるデスクトップ環境を、企業全体や部署内の複数ユーザで共有し利用するサービスです。   また、端末にインストールされていないアプリケーションを配信する機能を備えているため、業務で必要な共通アプリケーションを利用することが可能です。これにより、アプリケーション管理コストを最大50%削減可能です。
VIDAASのサービスイメージ

活用シーン

VIDAASの活用シーン

VIDAAS®導入による利点

エンドユーザにとっての利点

  • 事務所と同じデスクトップ環境を、自宅や外出先など場所を問わず使用できます。
  • 自分のデスクトップ環境を管理する労力を削減、本来の業務により集中できます。
  • ハードウェアの故障などを考える必要がなくなります。

導入企業にとっての利点

  • 大切なデータは全て国内最高クラスの当社データセンターに格納されるため、端末の紛失などによる情報漏洩の危険を大きく回避できます。
  • 利用したデータは、端末に残らない仕組みであるため、高いセキュリティでの利用が可能です。また、ログイン時の2要素認証セキュリティシステムを組み合わせて利用することにより、さらにセキュリティ性を高めることが可能です。
  • お客様の負担となっているOSやネットワークなどのセキュリティ対策を、当社の専門技術者が一元管理することにより、IT運用にかかる労力やコストを、最大50%削減可能です。

ユーザ規模や使用目的により選択可能なVIDAAS®シリーズ

ユーザ規模や使用目的により選択可能なVIDAAS®シリーズ

導入事例

株式会社アイネットが提供するVIDAAS®の導入事例・実績一覧はこちらよりご覧ください。

VIDAAS®の導入事例

お問い合わせ 資料ダウンロード