セキュリティサービス

セキュリティサービス

「Nissho Cross Platform – Cyber Security(NCPF-CS) のManaged Security Service(MSS)」

「潜伏脅威診断サービス」

NCPF-CSのMSS

日商エレクトロニクス株式会社様が運営するSOC(Security Operation Center)による高度な情報収集・分析力をベースにしたリアルタイム分析・相関分析を行うことでサイバー攻撃などの脅威に備えます。

サービス概要

24時間365日体制でお客様環境の監視・運用を行い、必要に応じて、検知結果の通知やログ管理・レポート提供などを行います。また、お客様の環境ごとに異なるセキュリティへのニーズに応え、潜伏脅威診断や脆弱性診断なども行います。

Managed Security Serviceイメージ図

Managed Security Serviceの特長

  1. 相関分析

    複数のデバイスのアラートやログを24時間365日相関分析し、
    異常を検知/通知いたします。

  2. 閾値チューニング

    高いレベルのノウハウが必要なIDS/IPSやWAF装置等の閾値チューニングを
    お客様に代わって実施いたします。

  3. ユーザー定義シグネチャ作成

    ゼロデイ攻撃などが発生した場合、ご要望に応じて、
    ユーザー定義検知Signatureをお客様に代わって作成/適用いたします。

Managed Security Service サービスメニュー

相関分析やユーザ定義シグネチャ提供などの高度なPremiumサービスから
Automationによる低価格なBasicメニューまで幅広くニーズにお応えします!

潜伏脅威診断サービス

日商エレクトロニクス様の潜伏脅威診断サービスもご提供可能でございます。

サイバー攻撃の手口は、目まぐるしく巧妙化・高度化しつづけ、毎日膨大なマルウェアの新種が作成されています。
ファイアウォール、サンドボックス、IPSなどの境界防御やアンチウイルスによるエンドポイント保護だけで、サイバー攻撃を防ぎきることは、もはや不可能であり、防御が突破されることを前提としたセキュリティ対策が求められています。