ニュースリリース

プレスリリース

アイネットとユニリタ、クラウド市場開拓に向け協業と技術提携体制を構築

本リリースは、株式会社アイネット、株式会社ユニリタから配信しております。重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承下さい。

報道関係者各位

2017年3月2日

株式会社アイネット
株式会社ユニリタ

アイネットとユニリタ、クラウド市場開拓に向け協業と技術提携体制を構築

株式会社アイネット(9600:東証一部)と株式会社ユニリタ(3800:東証JASDAQ)は、ユニリタが開発するシステム運用自動化やデータ連携のためのミドルウェア製品群を、アイネットが提供する企業向けマネージドクラウドサービス(※1)「Dream Cloud」(※2)上で提供するための協業ならびに技術提携を行います。

これにより両社は、ミドルウェアやITインフラを総合的にお客様に提供するためのIT技術の相互補完と連携体制を構築することができ、急拡大する企業向けクラウド市場とお客様のデジタルニーズに迅速に対応することが可能となります。

協業の第一弾として、ユニリタは自社のミドルウェア製品であるシステム運用自動化ソフト「A-AUTO(エーオート)」とETLソフト「Waha! Transformer(ワッハートランスフォーマー)」をオンプレミス版と同等の機能で、アイネットが提供するDream Cloud上で提供します。

このサービスをご利用いただくことで、お客様はビジネスの拡大や縮小に応じて、機動的にシステムのスケールを拡張したり縮減したりすることができ、デジタル変革への移行スピードを他社よりも優位に進めることができます。

アイネットは、Dream Cloudの中核となるクラウドサービス基盤「Next Generation EASY Cloud」(以下 NGEC)上で様々なパートナー企業様のミドルウェアやアプリケーションを順次稼働させています。

今回のA-AUTOのNGEC上での提供は、そのビジネスを戦略的に加速させるための重要な取り組みとなります。

両社は、相互の技術とミドルウェアソフト製品群を活用し、お客様が必要とするクラウドサービスを、低コスト、短納期、豊富な機能、柔軟な構成により、高いユーザエクスペリエンスを実現するSDDC(Software- Defined Data Center)(※3)クラウドサービス基盤の提供を目指してまいります。

■ 「Next Generation EASY Cloud」について

「Next Generation EASY Cloud」は、アイネットが提供する企業向けマネージドクラウドサービス「Dream Cloud」の中核となるプラットフォームです。ヴイエムウェア株式会社様のSDDC(Software-Defined Data Center)アーキテクチャを採用し、パブリッククラウドや企業内クラウド(オンプレミス)などの複数クラウドやマルチデータセンターに対応する技術により、高い可用性を実現します。また、ミッションクリティカルなシステムにも対応可能で、システム移行や運用管理コスト削減の大幅な向上、データセンター間でのITリソースのモビリティ機能の向上等を可能にします。

※詳細は以下の情報をご覧ください。

http://www.inet-datacenter.jp/service/cloud/next_generation_easy_cloud.html

■ 株式会社アイネットについて http://www.inet.co.jp/

アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開する独立系ITサービスプロバイダーです。煩雑なガソリンスタンドの売上事務の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971 年に設立されました。以来その取り扱いを拡大、現在では全国のガソリンスタンドの内およそ4分の1がアイネットのデータセンターに接続、情報処理サービスを利用しており(業界トップシェア)、またデータセンターを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、E ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっております。その中でデータセンター運用のノウハウを蓄積、ユーザーからも大きな信頼を寄せられてきました。現在は、国内最高レベルのデータセンターをベースに、クラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、自社のクラウド基盤上に業種業態を問わず利用可能なアプリケーションレイヤーのメニュー拡充を加速させています。

■ 株式会社ユニリタについて http://www.unirita.co.jp/

ユニリタは、独立系の自社開発型パッケージソフトウェアメーカーです。データ活用を通じデジタル社会でのビジネス貢献と、システム運用を通じ業務効率化や生産性向上を実現するための製品とサービスを提供しています。現在、新規事業分野としてソーシャル、モバイル、データアナリティクス、クラウド、セキュリティ等のIT領域への事業拡大を図っています。

(※1)アイネットが提供する企業向けマネージドクラウドサービスは、パブリッククラウドと同等のクラウドサービスを、高い企業レベルのセキュリティと優れた運用力で安心安全に提供するサービスです。

(※2)「Dream Cloud」は、アイネットが提供するクラウドサービス総称です。サーバ仮想化をベースとしたクラウドを大きく進化させ、ビッグデータに対応できるパフォーマンスの高いクラウドサービスです。ハードウェアやOSにも依存せずスケーラブルな対応が可能となるクラウドサービス基盤とクラウド共通アプリケーションを軸としたポートフォリオを展開しています。

(※3)SDDC(Software-Defined Data Center)は、ヴイエムウェア株式会社様の仮想化最新アーキテクチャです。

■ 商標について

記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

■ 報道機関からのお問い合わせ先

株式会社アイネット

企画部 営業企画課 神野(かんの)

TEL: 045-682-0788 mail:infomc@inet.co.jp

■ 製品・サービスに関するお問い合せ先

株式会社アイネット

データセンター本部クラウドサービス事業部プロダクトマーケティング部 高橋

TEL: 045-682-0845 mail:dream.cloud@inet.co.jp

株式会社ユニリタ

プロダクト事業本部 販売支援グループ 結城、水原

TEL: 03-5463-6383 mail:unirita_marketing@unirita.co.jp