ニュースリリース

プレスリリース

アイネット、ドローン飛行場(DDFF : Dream Drone Flying Field)の設備充実 リニューアルオープン

報道関係者各位

2019年3月12日

株式会社アイネット

アイネット、ドローン飛行場(DDFF : Dream Drone Flying Field)の設備充実
リニューアルオープン

株式会社アイネット(9600:東証一部、以下アイネット)がDream Drone®サービスとして展開するドローン飛行場(DDFF:Dream Drone Flying Field)を、企業向けドローンの実証実験の場として設備を充実してリニューアルオープンします。

ドローン飛行場として開設したDDFFを、ドローン飛行訓練だけでなく産業分野でドローン活用を目指す企業向けに様々な実証実験と飛行データ取得のできるように拡張しました。設備点検向け擁壁(ようへき)や橋梁、太陽光パネルの設置、i-Construction向けにボックスカルバート敷設やアスファルト舗装路、客土、ICT建機の配置を順次進めていきます。

また、DDFF内にはセミナーハウス(20名収容)を設置、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定講師による運用ガイドライン教育・飛行訓練など充実した教育カテゴリーをご提供致します。

DDFFリニューアルでは、当社と共にドローンビジネスの実用化を加速することを目的としたアライアンス「Drone Business Realizing Initiative Japan(DBRIJ)」)として活動するDアカデミー、トライポッドワークス、ドローン・ジャパンが加わり、ドローン飛行場敷地を提供する株式会社大倉と君津市、地元企業の協力を得て運営にあたります。

■ DDFF(Dream Drone Flying Field)について

デジタルテクノロジーの劇的な進化により、ドローンは破壊的イノベーションを生むと考えられていますが、現状ではその飛行には多くの制約があり、ドローンを自由に飛ばせる場所は限られています。そこでアイネットは、都心から1時間程度の場所で140,000㎡の大規模なドローン飛行場(DDFF)を開設し、これをドローン事業を検討する企業様へ実証実験場(PoC環境)として提供しています。

■ アイネットについて https://www.inet.co.jp/

アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開する独立系ITサービスプロバイダーです。ガソリンスタンドの事務処理の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971 年に設立されました。現在では全国のガソリンスタンドの内およそ4分の1がアイネットのデータセンターに接続、情報処理サービスを利用しております(業界トップシェア)。当社はその中でデータセンター運用のノウハウを蓄積、お客様からも大きな信頼を寄せられてきました。蓄積してきたノウハウを活用し今ではデータセンターを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、e ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっております。現在は、国内最高レベルのデータセンターをベースに、企業向けクラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、既に1400社のお客様にご利用いただいております。

■ 商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

■ お問い合わせ先

【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社アイネット
データセンター本部 クラウドサービス事業部 小澤、森尾

TEL: 045-682-0845 E-mail:dream.cloud@inet.co.jp

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社アイネット
営業企画部 松本

TEL:045-682-0802 E-mail:infomc@inet.co.jp