ニュースリリース

プレスリリース

アイネット、ネットアップ社Software-Defined Storageを採用した Fileserver as a Service「Dream Storage by ONTAP™ Select」を国内初リリース

報道関係者各位

2019年6月24日

株式会社アイネット

アイネット、ネットアップ社Software-Defined Storageを採用した
Fileserver as a Service「Dream Storage by ONTAP™ Select」を国内初リリース


株式会社アイネット(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:坂井満 以下 アイネット)は、エンタープライズ向けマネージドクラウドサービス「Dream Cloud®」のストレージサービス「Dream Storage®」のサービスポートフォリオを拡充致します。

従来のクラウドサービスでは、クラウドサービスとしてファイルサーバを希望されるお客様にはWindows Serverを利用したファイルサーバ サービスを提供することが一般的でしたが、エンタープライズクラスのファイルサーバへの要件の特徴である「拡張性」「可用性」「アクセス性」「セキュリティ」を考慮するとWindows Serverによる運用面での壁(例:パッチ適用の頻度やそれに伴う再起動の問題、Windows特有のセキュリティに関する問題)にぶつかるケースが増えて参りました。 この問題を解決する為に、アイネットでは「ハイブリットクラウド分野においてのリーディングカンパニー」であるネットアップ合同会社(本社:東京都中央区 代表執行役員社長:岩上純一 以下 ネットアップ)の「ONTAP™ Select」を採用したFileserver as a Service「Dream Storage by ONTAP™ Select」の提供を開始致しました。


<Dream Storage by ONTAP™ Select サービス イメージ>
       

 

「ONTAP™ Select」は「CIFS/NFS」領域での圧倒的な実績を持つ外部ストレージ「NetApp FAS」のストレージ専用OS「ONTAP™」を仮想アプライアンス化したサービスとなります。
この仮想アプライアンスをアイネットのマネージドクラウドサービス「Next Generation EASY Cloud®」上で稼働せることでエンタープライズクラスのファイルサーバ要件を満たすとともに、Windows Serverを利用したファイルサーバ サービスの問題点をクリアすることができます。
具体的には、
・「拡張性」: 容量追加の柔軟性(1TB単位)
・「可用性」: SnapShot対応、SnapMirror(BCP/DR)対応
・「アクセス性」: マルチプロトコル対応(CIFS/NFS)
・「セキュリティ」: 暗号化
といった領域の要件をクリアすることができます。

【「Dream Storage by ONTAP™ Select」の特徴】
・マネージドクラウドサービス「Next Generation EASY Cloud®」上にて稼働させる為、パブリッククラウドのIaaSサービス利用時のお客様負荷が軽減されます。
・ストレージ専用OS「ONTAP™」のほぼすべての機能が利用できる為、高価な物理アプライアンスを購入することなく、エンタープライズクラスの企業がファイルサーバに求める機能をクラウドサービスとして1TB単位からのミニマムスタートが可能。
・他社の影響や都合に左右されないシングルテナントモデルで提供する為、アップデートや容量拡張といった作業を個社都合に合わせることが可能。
・ネットアップのグラフィカルユーザインターフェース「OnCommand System Manager」を提供する為、Qtreeやクォータ,QoSといった設定が柔軟に可能。
・オンプレミス先のNetApp FASのBCP/DR先としてSnapMirrorを設定することが可能。
・ネットワークについては、マルチベンダ対応の「Next Generation EASY Cloud®」上にて稼働させる為、無償でIPSecVPN(VMware NSX利用)接続が可能である他に、個別ネットワーク引込みや個別ネットワーク機器持込みが可能。

    

■ Dream Storage by ONTAP™ Select サービス提供価格

初期費用 1TBあたり  10,000円~
月額費用 1TBあたり  10,000円~ (1GBあたり10円~)

※サービスのご利用に際しましては、上記以外にONTAP™ Selectを稼働させるマネージドクラウドサービス「Next Generation EASY Cloud®」のリソース契約(CPU,MEM)が必要となります。ネットアップ推奨値は「CPU:4GHz, MEM:16GB」ですが、同時接続利用者数や接続形態等により異なりますのでアイネットにて無償でアセスメントを実施致します。

■ 提供開始時期

リリースは本日より提供開始いたします。

■ エンドースメント

ネットアップは、株式会社アイネット様がこのたびマネージドクラウドサービス「Dream Cloud®」のストレージサービス「Dream Storage by ONTAP™ Select」をリリースされたことを心より歓迎いたします。今回採用された仮想アプライアンス用ソフトウェアである 「ONTAP™ Select」を採用頂くことで、拡張性、可用性、アクセス性、そして高セキュリティーなクラウド環境を実現し、様々なお客様のニーズに適用できる製品であると確信しています。今後も、ネットアップは「Dream Storage by ONTAP™ Select」をご利用頂くお客様に価値あるテクノロジー及び快適なデータマネジメント環境を提供してまいります。

ネットアップ合同会社
代表執行役員社長
岩上純一

■ アイネットについて  https://www.inet.co.jp/

アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開する独立系ITサービスプロバイダーです。煩雑なガソリンスタンドの事務処理の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971 年に設立されました。以来その取り扱いを拡大、現在では全国のガソリンスタンドの内およそ3分の1がアイネットのデータセンターに接続、情報処理サービスを利用しております(業界トップシェア)。当社はその中でデータセンター運用のノウハウを蓄積、お客様からも大きな信頼を寄せられてきました。蓄積してきたノウハウを活用し今ではデータセンターを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、e ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっております。現在は、国内最高レベルのデータセンターをベースに、クラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、自社のクラウド基盤上に業種業態を問わず利用可能なアプリケーションレイヤーのメニュー拡充を加速させています。

■ Dream Cloud®について https://www.inet-datacenter.jp/dream_cloud/

アイネットでは2009年に首都圏の利便性を生かした国内最高レベルの安全性やセキュリティ機能を備えたデータセンターinet primary®を開設。設備面だけではなく外資系企業とタイアップして仮想化技術をいち早く取り入れ、仮想化運用代行サービスやリソースプール型クラウド基盤(EASY Cloud®)など常に先進的なサービスを提供し続けてまいりました。そしてinet primary®の増床・拡充、マルチデータセンターとしてinet north®、inet east®、inet west®を開設し、日本有数の規模のクラウドデータセンターに規模を拡大。同時に、コラボレーション&コミュニケーションツール、名刺バンクやSaaS型運用管理サービスVistaraなどアプリケーションレイヤーのサービスラインアップの拡大を図り、その内容の充実を継続して図ってまいりました。堅牢な設備環境・多様で高品質なサービスを加え、現在では1,400社以上のユーザ様にご利用いただいています。また、2015年よりVMwareのSoftware-Defined Data Center(SDDC)アーキテクチャを全面採用した「Next Generation EASY Cloud®」を、企業ITを支える第三のプラットフォームとして提供しています。

■ 商標について

記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
NetApp、NetAppのロゴ、https://www.netapp.com/jp/legal/netapptmlist.aspx に記載されているマークは、
NetApp, Inc.の商標です。

■ お問い合わせ先

【サービスに関するお問い合わせ先】
データセンター本部 クラウドサービス事業部 プロダクトマーケティング部 高橋

TEL: 045-682-0845 E-mail:dream.cloud@inet.co.jp

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社アイネット 経営戦略室 坂本

TEL:045-682-0806 E-mail:infomc@inet.co.jp