ニュースリリース

プレスリリース

アイネット、『働き方改革』推進のためテレワークツール支援専用窓口を設置

報道関係者各位

2020年3月3日

株式会社アイネット

アイネット、『働き方改革』推進のためテレワークツール支援専用窓口を設置

独立系トップクラスのデータセンター(以下 DC)プロバイダーである株式会社アイネット(本社:神奈川 県横浜市、代表取締役:坂井 満、以下「アイネット」 )は、自社クラウド基盤をベースに多様な SaaS(イン ターネットを通じてソフトウェアを提供するサービス)を展開しています。

東京オリンピック・パラリンピック期間中の混雑への対応や、最近の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い テレワーク(自宅など職場から離れた場所で仕事をする働き方)への関心が急速に高まっており、便利なテレ ワークツールを持つ当社には問い合わせが数多く寄せられています。そのため、より迅速に、また各企業の状 況に応じた的確なアドバイスを実施できるよう、データセンター本部クラウドサービス事業部内に支援専用窓口を設置しましたのでお知らせいたします。


1. アイネットの主要テレワークツールラインアップ

VIDAAS-by-Horizon-View VIDAAS-by-Horizon-DaaS
(1)VIDAAS:https://www.inet-datacenter.jp/dream_cloud/vidaas
【代表的利用シーン】職場と同じ環境での自宅におけるPC利用
・職場と同じ PC 環境を自宅や外出先でも実現が可能です。
・利用したデータは端末側に残らないので高いセキュリティの中で利用が可能です。

Mobile-Meets
(2)MobileMeets:https://www.inet-datacenter.jp/dream_cloud/mobile-meets/
【代表的利用シーン】テレワーク時における複数のメンバーとのテレビ会議
・初期投資が不要であり、PC、タブレット、スマートフォンで簡単にビデオ会議が可能です。
・画面上での資料共有が可能です。

ChatLuck
(3)ChatLuck:https://www.inet-datacenter.jp/dream_cloud/chatluck/
【代表的利用シーン】テレワーク時における複数のメンバーとのリアルタイムでの情報共有
・プロジェクトやテーマごとに部屋(ルーム)を作り、複数のメンバーと同時にチャットで情報共有が可能 です。
 文字でのチャット以外にも、写真や動画、文書など様々なデータをサイズ制限なく共有が可能です。
・ルームには社内メンバーだけでなく、社外のメンバーも招待し、参加させることが可能です。
・社内メンバー間で 1対1で繋がり、テレビ通話も含めて情報共有することが可能です。

cloudstor
(4)Cloudstor:https://www.inet-datacenter.jp/dream_cloud/cloudstor/
【代表的利用シーン】テレワーク時に作成したファイルの受け渡し
・インターネット回線があれば PC、タブレット、スマートフォンからストレージへアクセスが可能です。
・メールには添付できない大容量のファイルの共有や管理が可能です。

2. 支援専用窓口について
(1)窓口 データセンター本部クラウドサービス事業部
   テレワーク支援チーム :寺田、栗原 TEL:045-682-0845

(2)お問い合わせフォーム(極力、本フォームよりお問い合わせください)
・以下からアクセスのうえ、お問い合わせフォームに入力をお願いいたします。
・必須である【お問い合わせ項目】は【その他】を選択していただき、具体的なお問い合わせ内容を入力ください。
 当社よりご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム URL https://www.inet-datacenter.jp/contact/general_form/

アイネットは新型コロナウイルスの感染拡大ができるだけ早期に収まることをお祈りしています。

■ アイネットについて https://www.inet.co.jp/

アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開する独立系ITサービスプロバイダーです。煩雑なガソリンスタンドの事務処理の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971 年に設立されました。以来その取り扱いを拡大、現在では全国のガソリンスタンドの内およそ3分の1がアイネットのデータセンターに接続、情報処理サービスを利用しております(業界トップシェア)。当社はその中でデータセンター運用のノウハウを蓄積、お客様からも大きな信頼を寄せられてきました。蓄積してきたノウハウを活用し今ではデータセンターを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、e ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっております。現在は、国内最高レベルのデータセンターをベースに、クラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、自社のクラウド基盤上に業種業態を問わず利用可能なアプリケーションレイヤーのメニュー拡充を加速させています。

■ 商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

■ お問い合わせ先

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社アイネット 経営戦略・IR 室 小木曽(おぎそ)、石田、杉山

TEL:045-682-0806 E-mail:infomc@inet.co.jp